オーガニック化粧品の力で、ナチュラルな肌ツヤを実現したい人へ

HOME » 要チェック!優良オーガニック化粧品の選び方 » “オーガニック”は何を指す?

“オーガニック”は何を指す?

オーガニック化粧品の定義って一体なに?

"オーガニック化粧品"と聞くと「ケミカル成分を含まない、肌に優しい化粧品」というイメージを持つ人が多いでしょう。しかしその定義は、どんなものなのでしょうか?

オーガニック化粧品は大量生産が難しく、価格が割高になる傾向もあります。「本当にオーガニックでなかったら、どうしよう…」という不安も当然ですよね。

現在のところ、世界基準の「オーガニック化粧品の定義」はありません。しかし欧米では、権威となるいくつかの認定団体が存在しています。一部の国内ブランドや、輸入(外資)の商品に関しては、付与された「認証マーク」を頼りにすれば、一定の品質を保つ商品を購入できるのです。 一例を見てみましょう。

フランスのオーガニック化粧品認定団体・ECOCERTの基準

  • 95%が自然原料である
  • 植物原料の50%はオーガニックでなければならない
  • 化学香料は使用不可

アメリカのオーガニック化粧品認定団体・USDAの基準

  • 水分と塩分を除き、重量ベースで95%以上がオーガニック原料で構成されていること
  • 3年以上、農薬・化学肥料を使用していない大地で作られた原料であること
  • オーガニック作物を栽培する土地では、収穫前3年以上禁止物質を使用しない

そもそもオーガニックとは、農薬や化学肥料に頼らず、有機肥料の力を借りながら、土壌の持つ力を活かして栽培する農法。原料そのものはもちろん、土壌にまで目を光らせ追及する姿勢が、必要不可欠なのです。

無添加や自然派化粧品と混同しないように

日本国内では、オーガニックに関する正しい認識がまだまだ浸透していないため「自然派化粧品」や「無添加化粧品」と混同してしまいがちですが、根本が異なります。

  • 自然派化粧品…植物原料を多く含んではいるものの、栽培法は問わず、また製品内に化学成分も多く含まれている。
  • 無添加化粧品…「旧厚生省が指定したアレルギーの危険性のある化粧成分が、無添加」というだけ。その他の化学成分を多く含む。

なおドメスティックのオーガニック化粧品に関しては、各社の独自基準や良心を信用するしかない、という商品も多くなっています。消費者の立場に立って、厳しい認定を行う統一基準の登場が待たれます。

3,000円以内/4,000円以内/5,000円以内で
イチオシを選びました!

使い心地・香り・肌の変化…
気になること、全部レポートしちゃいます★

7つのアイコン付で、
各ブランドの特徴がパパッと早わかり♪

※このサイトの情報は、個人で調べたものを掲載しています。最新情報は各HPをご覧ください

PAGETOP