オーガニック化粧品の力で、ナチュラルな肌ツヤを実現したい人へ

HOME » 要チェック!優良オーガニック化粧品の選び方 » 日本のオーガニック化粧品の現状

日本のオーガニック化粧品の現状

ケミカル成分を配合せず、低刺激で肌本来の力を復活させてくれる、オーガニック化粧品。しかし、その正確な定義は難しくなっています。

欧米には権威のある「オーガニック化粧品認定団体」があり、その認証を得るには厳しい審査を通過しなければなりません。しかし、日本には明確な認定基準が存在していないので、メーカーの良心や独自基準を信用するしかない、というのが現状です。

国産オーガニック化粧品に関する懸念点

  • 原料はオーガニック栽培されていても、商品製造の過程でケミカル成分を配合している可能性がある。
  • 旧厚生省の指定した「アレルギーの危険性のある化粧成分」以外のケミカル成分を配合した化粧品が「無添加」として出回り、オーガニック化粧品と混同されている。

こうした現状を受け「日本オーガニック協会」などの認定団体も登場してきてはいるのですが、まだ市場への影響力は高まっていません。

厳しい基準を通過したアメリカ産の商品に注目

「じゃあオーガニック化粧品を買わない方が良いの?」と考える方がいるかもしれません。そんな方は外国産のオーガニック化粧品にご注目を!例えばアメリカのオーガニック化粧品認定団体は、以下のように厳しい基準を設けています。

アメリカのオーガニック化粧品認定団体・USDAの基準】

  • 水分と塩分を除き、重量ベースで95%以上がオーガニック原料で構成されていること
  • 3年以上、農薬・化学肥料を使用していない大地で作られた原料であること
  • オーガニック作物を栽培する土地では、収穫前3年以上禁止物質を使用しない

日本国内に正規の販売代理会社を設けている、アメリカのオーガニックコスメブランドは、数多く存在しています。なかでもUSDAの認定を受けている商品なら、上記の条件を満たしているわけですから、安心して使用できますよね。

また近年は国内でも、欧米のオーガニック団体が認定した原料を使用したり、商品自体の認定を申請・通過したブランドが登場してきています。

製品の確実性を証明するため、第三者機関の認定を受けることは「オーガニック化粧品の宿命」とも言えます。購入前に、認定の有無を必ず確認するようにして下さい。

3,000円以内/4,000円以内/5,000円以内で
イチオシを選びました!

使い心地・香り・肌の変化…
気になること、全部レポートしちゃいます★

7つのアイコン付で、
各ブランドの特徴がパパッと早わかり♪

※このサイトの情報は、個人で調べたものを掲載しています。最新情報は各HPをご覧ください

PAGETOP