オーガニック化粧品の力で、ナチュラルな肌ツヤを実現したい人へ

HOME » そもそもオーガニックコスメとは?化粧品の疑問集 » 敏感肌やアレルギーでも大丈夫?

敏感肌やアレルギーでも大丈夫?

知っておきたい!オーガニック化粧品とアレルギーの関係

無肥料・無農薬で自然由来の原料のみを使用し、添加物を一切加えていない本物のオーガニック化粧品の最大のメリットは、肌への優しさです。

赤ちゃんの肌にも安心して使用できるのですから、肌が敏感で化粧品によっては肌荒れを起こしてしまう、という人にもおすすめできるのは当たり前。アトピーなどのアレルギーに悩んでいる人からも「長期使用で肌の調子がかなり改善された!」などといった喜びの声が数多く挙がっているのです。

ただし、オーガニック化粧品が完全にアレルギーフリーというわけではありません。

そもそもアレルギー反応ってなに?

人によって異なる特定の抗原が取り込まれることで、身体の免疫機能が過剰に反応してしまうこと。
お肌の場合はかゆみや赤み、そして発疹などのかたちで現れます。

上記のように、アレルギー反応の原因は人それぞれ。オーガニック化粧品の中に抗原が含まれている場合、肌荒れなどが起きてしまう可能性も、ゼロとは言えないのです。

抗原が未知の植物成分という場合もあるでしょう。また大豆など比較的ポピュラーな原料で、普段から摂取に気を付けているものがある場合は、使用前によく確認をしておく必要もあります。もともと肌が弱く、アレルギーに対して神経を尖らせている人は、パッチテストなどを行うのも良いでしょう。

とは言え、もしオーガニック化粧品の使用でアレルギー反応が出てしまった場合でも、落胆することはありません。自分がどの植物に対してアレルギーがあるのかを把握することさえできれば、その原料を避ければ良いだけのこと。すべてのオーガニック化粧品が肌に合わない、と判断してしまうのは早計です。

アレルギーが出るかチェックしてみる

食品や衣類の素材によってアレルギー反応が出るように、化粧品によっても合わない成分があれば、発症してしまうことがあります。 オーガニック化粧品は植物の素材を活かした商品が多いため、その植物のアレルギーを持っていれば、肌トラブルの原因になります。オーガニック化粧品だけのことではありません。

今まで使用していた化粧品を買い替えて合わなくなったと感じたことはありませんか。それは肌が慣れていない成分や合っていない成分に、反応しびっくりしているのです。

友達の結婚式やデートだから新しい化粧品で気分を高めようと思っていたのに、肌荒れがひどくなってしまった!ということのないように、オーガニック化粧品を使用する時は、パッチテストをしっかりすることが大切です。

アレルギーが出るか実際に試してみる

オーガニック化粧品を使用する時は、パッチテストを行ないましょう。特に敏感肌と感じる方にとっては、パッチテストは、大切です。

パッチテストには、「簡易パッチテスト」と「本格パッチテスト」の2つ方法があります。「簡易パッチテスト=自分自身で行なう」「本格パッチテスト=病院へ行って行なう」となります。

徹底的に肌に合う化粧品を調べたい方は、病院へ行ってもいいかもしれません。簡単にアレルギー発症の有無を知りたい方は、簡易パッチテストを行ないましょう。

簡易パッチテストの仕方

  1. 簡易パッチテストは、皮膚の柔らかい部分で行ないます。
    二の腕内側や太ももの内側を綺麗にしておきましょう。
  2. 対象箇所に、10円玉ぐらいの大きさで化粧品を塗ります。
  3. パッチテストは、二回に分けて確認行ないます。初めは30分です。
    ここで、赤みや痒みの症状が現れると、合わない可能性があります。
    すぐに洗い流し、使用を中止してください。
  4. 症状がなければ、さらに24時間後に症状をチェックします。
    ここまででも大丈夫ですが、不安な方は次の工程も行なってください。
  5. 24時間経過後は、顔でパッチテストをします。
    洗顔終了後に、顎のラインに化粧品をつけ30分放置後に、チェックします。
    異常がなければOKです。

オーガニック化粧品で気をつけたいこと

正しく使用しましょう

オーガニック化粧品でも、様々な種類があり配合されている成分が違います。少量でも高い効果を得られるオーガニック化粧品もあり、ブランドによって異なるので分量をしっかり守りましょう。

また、お肌の状態は、毎日変わります。肌が乾燥しやすいなと思った時や、疲れている時はパックや美容液を上手に活用しましょう。また、オーガニック化粧品と化学化粧品の同時使用は、肌トラブルの原因になるので併用はおすすめしません。

それぞれのブランドによって、正しい分量や使用手順があるので、使用方法をしっかり確認することが大切です。

使用期間内に使い切りましょう

オーガニック化粧品は、使用期限が短い商品もあるので注意が必要です。肌に優しい成分にこだわっているものが多いので、界面活性剤や防腐剤を使用していません。そのため、購入した当初より劣化が早いこともあります。

オーガニック化粧品に限らず、他の化粧品でも長期間使用せずに放置して、また使い始めることはよくありません。化粧品にも期限がありますので、その期間内で品質の高い状態で、使用することがベストです。

空気に触れると酸化を早めてしまうので、しっかりふたをして、適切な場所で保管をするようにしましょう。

 

人工的な化学成分を含まないオーガニック化粧品は、肌質そのものを改善し、トラブルに負けない美肌づくりをゆっくりと実現してくれます。

正しい知識を持ち、美しい素肌のために役立てていきましょう。

3,000円以内/4,000円以内/5,000円以内で
イチオシを選びました!

使い心地・香り・肌の変化…
気になること、全部レポートしちゃいます★

7つのアイコン付で、
各ブランドの特徴がパパッと早わかり♪

※このサイトの情報は、個人で調べたものを掲載しています。最新情報は各HPをご覧ください

PAGETOP