オーガニック化粧品の力で、ナチュラルな肌ツヤを実現したい人へ

効果やメリットは?

美白やアンチエイジングも可能!オーガニック化粧品の効果

自然原料を使用し、添加物を一切使用しない本物のオーガニック化粧品は、赤ちゃんの肌にも安心して使えます。

とは言え、基礎化粧品を選ぶ際に特別な効果を求めたい時があります。果たして、オーガニック化粧品でも対応は可能なのでしょうか?

その美白効果

肌にできたシミに悩んでいる人にとって、美白を謳う化粧品は魅力的に映ります。

こうした具体的な効果を標榜する場合は「化粧品」でなく、「医薬部外品」として商品を販売しなくてはならないという、決まりがあります。また医薬部外品には、動物実験を通過した原料を使用しなくてはならないという決まりもあるのです。

有名なケミカル美白成分としては、ビタミンC誘導体やハイドロキノン、アルブチン、トラネキサム酸などが挙げられます。

オーガニック化粧品は自然原料を使用しているため、特に動物実験などを経ていません。このためセールスの中で「美白」を訴えることはできないのです。しかし、オーガニック化粧品にも優れた美白力があります。

オーガニック化粧品にも美白が可能な理由

  • 肌の調子を整え、ターンオーバーを正常化することで、
    自然な美白を実現していく。
  • ビタミンCを多く含むローズヒップ、アルブチンの元になるクマコケモモなど、自然由来の美白成分も多く存在する。
  • 植物はメラニン色素へのアプローチ力が高い。

ただし、効果実感については「医薬部外品」に及ばないこともあります。オーガニック化粧品はヘルシーバランスをゆっくりと回復させ、肌を健やかにしていくアイテム。ケミカルな美白化粧品が数ヶ月で美白効果が出せるとして、オーガニック化粧品はその倍以上の時間を要すことも考えられます。

しかし長期的に見て、美白力の高い肌を育て上げていきたい場合、オーガニック化粧品の底力は、決して侮れません。

そのアンチエイジング力

アンチエイジング全般に関しても、美白効果と同様。オーガニック化粧品は高い効果を持っています。使い続けることで、肌の調子をゆっくり、自然に改善していくため、気になるエイジング現象の予防改善が実現しやすくなるのです。

ベースがしっかりと整っていくことで、エイジング現象を寄せ付けにくい肌になれます。「シワができたから」「たるみが目立つから」と焦り、対処療法的にケミカルな成分を導入しても、根本的な肌の健康にはつながりません。貴女も今日からオーガニック化粧品をチョイスし、お肌の根本的な改善を目指してみてはいかがでしょうか。

3,000円以内/4,000円以内/5,000円以内で
イチオシを選びました!

使い心地・香り・肌の変化…
気になること、全部レポートしちゃいます★

7つのアイコン付で、
各ブランドの特徴がパパッと早わかり♪

※このサイトの情報は、個人で調べたものを掲載しています。最新情報は各HPをご覧ください

PAGETOP